QRコードは、チラシやパンフレットなどの媒体からウェブサイトへ流入させたい場合や、QRコード決済や空港のチェックインなどにも幅広く使われています。自社サイトの集客として使う場合、GoogleのキャンペーンURLと組み合わせることで、Googleアナリティクスで流入元を検証できるようになります。

QRコード作成サイトの紹介

QRコードを作成したい場合は、ウェブサービスを使うとお手軽です。僕がよく使うサービスは、「QRのススメ」です。商用利用可。英語版も用意されています。シンプルで使い勝手が良いのでオススメです。

QRのススメ – QRコード作成サイト/無料版
https://qr.quel.jp/

QR Creator – Free QR code generator
https://qr-creator.com/

QRコード作成の手順

「QRのススメ」のトップページにアクセスしたら、活用方法から希望のものを選びます。ここでは、自社サイトへ集客するためのQRコードを作成するという目的で進めます。

1:「さっそく作る 」もしくは「URLをQRコードに」を選びます。

2:QRコードにしたいURLを入力し、「作成する」を押します。

3:作成されたQRコードをスマートフォンで動作チェックします。

4:QRコード画像をお好みで調整します。QRコードのサイズや色などを変更できます。ファイル形式は、PNG(推奨)で構いませんが、印刷会社さんにQRコードを渡される場合は、epsファイルの方が喜ばれます。

調整が完了したら、「保存」を押してQRコードをダウンロードします。

以上が、QRコードの作成方法でした。

QRコードの作成と合わせて、GoogleのキャンペーンURLがよく使われますので、そちらの作成方法も書こうと思います。